2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

尖閣諸島の問題に思う政治家の資質

Twitterでぶつぶつ呟いていたけれど、ちょっとまとめて。

今回の尖閣諸島の問題は、もちろん、政府・与党の対応に問題があるのは確かだが、恐らく誰も中国の対応について、正当性があるとは思ってはいないだろう。

「歩きたばこを注意したら突然殴り掛かられて、慌ててこれで勘弁、とお金を差し出した」というようなものなのではないだろうか?
もっと落ち着いて対応しろよ、というところに政府としての対応の拙さや、政権を担当する資質に疑問を感じるのはたしかだが、本当に避難すべきは「歩きたばこ」の方である。

今の野党及びマスコミ報道、ネット上の書き込みなどは、「殴り掛かられたら上手くかわせ」と言っているだけ。これでは「歩きたばこ」そのものは黙認しているのと同じであり、つまりは中国に対し、「尖閣の領有権は主張し続けても問題ないもの」と思わせるに充分だ。

野党の人達も、やるべきは与党の非難ではなく、中国への抗議。内向きの対立は後回しにして、やるべきことをやってこそ、国民に支持されるのであって、口先ばかりで与党を非難し、ましてや那覇特捜を国会に呼ぶなんて事を検討してるなんて愚の骨頂。上手くかわせなかった責任の所在を明らかにして今更何になるというのか?

内向きの議論など後回しにして、とにかく中国に対し、違法な行為には断固として対抗し、日本としても相応の処置をとる旨の意思表示が必要だ。国内の足並みの乱れは、外から付け入る隙を拡大させるだけだということにいい加減気づいて欲しいものだ。
また、最終的には国連等を含め、国際的にシロクロ付けられる場で、と考えているのかもしれないが、本気で主張しない国を応援してくれる程、国際社会は甘くない。

経済的な話とか、政治的立場とか、そんなものに拘っていたら守れるものも守れなくなる。
小の虫を切り捨てて大の虫を生かすなんてことは小学生でできること。
どちらも大の虫かもしれないが、どちらも生かす手腕、あるいはより生かすべき方を選択する決断力、それらが必要とされている。

〈番外編〉
今回のことこそ、政治家個人の考え方が見え、国民に訴えかけられるツールとして、Twitterは有用なものかと思ったが、それほど活用されていないらしい。
先般の選挙でTwitter推進派だった人達も、その多くはだんまりを決め込むか、いつも通りの日常の呟き、あるいは揚げ足取りかつ不毛な政府非難だ。

140字で誤解を受けにくい主張をする事も困難だろうが、そもそもまっとうに意見を述べない状態ではどんなツールが存在しようが何の関係もない。

国民と直接意見の交換が出来るツールだというのならこんな時こそ活用すべきではないのだろうか?

Atok Pad for iPoneに思う

自分はMS-DOS+一太郎で初めてワープロソフトに触った世代である。
故に日本語入力と言えばATOKが当たり前、といった感がある。

・・・と言いつつ、最近はMS-IMEやGoogle日本語入力もなかなかのものになってきたので、背信行為のような後ろめたさを感じてはいるものの、無料のIMEに乗り換えていたのが実状である。

そんな中でのAtok Pad for iPoneの発売。標準のIMEとの切り替えではないと知りつつも、昨今の背信行為への償いも含めるかのように、思わず購入ボタンをプチっている自分がいた。

で、実際使ってみて・・・
流石にパソコンにおける日本語入力をこれまで引っ張ってきた実力は伊達ではない、と感じさせる一品である。

無論、使い方は人それぞれなので、全てにおいて満点という訳ではないが、辞書の賢さだけでなく、限られたキーに割り当てられた機能が、標準のIMEと異なり、如何に日本語をストレス無く入力する事ができるか、を考えたものになっていると感じた。

ここでふとパソコンの方に振り返ってみる。
昨今のATOK以外のIME、確かに辞書そのものは賢くなっていると思う。
しかしながら、自分にとっては、ATOKほど、全幅の信頼を寄せるには至っていない。
それでも、「何とかなる」と思わせているのは、何のことはない、キーボード操作に馴れきっている自分が、多少の誤変換や文節の切り間違いを、さほど意識することなく修正しているだけではなかっただろうか?
IMEの実力の差を、自分の腕でカバーしていたのではないか、という気がしてきた。

一方、iPod TouchやiPhoneはフリック入力のおかげで、旧来のケータイよりは遥かに操作がし易いものの、キーボードよりは思う様な入力ができていない(あくまで自分にとって、だが)。
つまり、誤変換等の修正が非常にもどかしく、標準IMEとAtok Pad for iPoneの差が単なる辞書の賢さ以上に、強烈なものとして認識されている様な気がする。

パソコンのIMEも辞書の賢さが注目されがちだが、実は入力のためにキーボードに割り当てられた機能や入力を補助する機能、それらはやっぱりATOKに一日の長があるのではないか、そして日本語入力をストレスフリーにすることは、思考の妨げにならないための重要なIMEの要素なのではないか・・・などと、ちょっと大仰なことを考えさせられる体験・・・というか気づきであった。

ATOK Pad for iPhoneはこちら
(アプリ名は"for iPhone"だが、うちのiPod Touch 2G + iOS4.1 でも問題なく稼働中)

ちなみに自分はJustsystemの回し者ではありません・・・

魚釣りに行ってきた!! 

なぜか魚釣りに興味を持ち出した我が子(小学5年)。
長崎に帰省したときにハウステンボスの釣り堀(なぜかそんなものがあり、しかも結構な賑わい)で釣りでビューをして釣果はハゼ3匹(1匹は直前でバレちゃいましたが)。
それに味を占めたらしく、近所の釣り堀に行きたいと言いだした。

まあアウトドア系に興味を持つのは悪いことではない、ということで近所・・・というにはちと遠い、安売り釣具の店に自転車で行き、ヘラブナ用の1本700円くらいの竿と、ハリ、オモリ、ウキまでついて100円のシカケを購入して帰途に。

帰りに釣り堀によるつもりだったのだが、まだまだ暑い9月の初旬、日陰の無い釣り堀よりは涼しげな川辺で・・・ということで横十間川のほとりで釣りを始めたのだけど・・・結局釣果は0。

来週釣り堀に行こう、ということで帰って来たのだが、後からネットで調べた驚愕の事実!!
実は横十間川でみんなが釣っていたのはハゼやボラ。仕掛けやエサが違えば絶対釣れない、という訳ではないけども、まったく勘違いなことをやっていたらしい。

とりあえず、来週は釣り堀でリベンジ。
ついでに横十間川と仙台堀川の交差するクローバー橋あたりはハゼ釣りの名所であったとか。
ハゼ釣り用の仕掛けも考えておこう。

WindowsとUbuntu(easypeasy)の起動順位を変えてみる。

WindowsとUbuntuのデュアルブートが出きるようにすると、大抵の場合、デフォルトのOSはUbuntuに設定されてしまう。
自分専用のPCはそれでもよいのが、家族と共有しているものとなるとそういうわけにもいかず、なんとかWindowsをデフォルトにできないものか・・・と結構前に情報収集していたときは、Ubuntuの端末から、コマンドを打ち込み、テキストベースで中身を書き換えてやって・・・というものしか引っかかってこなかったし、その通りにやってみてもなかなかうまくいかず、その時は諦めていた。

ところが、今日何とはなしにもう一度探してみるか、と思い立って検索をかけてみると・・・あら?
Startup-Managerなるソフトでそういうことが簡単にできてしまうらしい事が判明。

まずはメニューの<システム管理>からSynapticパッケージ・マネージャを起動。"Startup・・・"と検索するとすぐに出てくるのでインストール。
Synaptic

インストールが終わると、同じく<システム管理>の中にStartup-Managerが出現。
Startup

デフォルトで起動するOSや起動までの時間等が選択可能。
非常に簡単なものである。
これがあれば基本的にWindows環境を損なうことなくUbuntuのお試しインストールが出きると思うので、もっともっとLinux人口が増えてくれれば・・・と願う今日この頃。

iPodをストレージとして使用するアプリ(ちょっと中途半端・・・)

iPod Touchをストレージデバイスとして使用する為のアプリはそこそこある。これまではWi-Fi経由で接続するAirSharingを使用していたのだが、うちの無線LANルーターを入れ替えた所、繋がらなかったり、繋がってもすぐ切れたりと、物凄く物凄く不安定になってしまった。
いろいろと解決を試みたものの、劇的な改善は行われず、やっぱり多少面倒でも、USB接続の方が安心、とそんなアプリが無いかと探してみる事にした。

そこで見つかったのは「GoodReader」。
いくつかの紹介されたブログを読み、これならば・・・と思ってアプリを購入・・・なのだが・・・

ここで2つのミスが発生
一つ目はなんと、iPad用のアプリを購入してしまったこと。
全く同じアイコンだったので、なんら疑う事なく購入してみたものの、iPodと同期をとってもインストールされず・・・なぜかと思ってよく見てみたらiPad様だったという事実。115円だからまあいいかと思いつつ、なんか悔しい。開発者の方、もうちょっとアイコンで区別ができるように、その辺り留意してくれるとありがたいです。

もうひとつのミス。
どうやらGoodReaderに関して読んだブログはバージョンが低いものについてのものだったらしく、そこにあったやり方は最新バージョンでは無理。
改めて情報を収集してみると、最新バージョンではUSB接続はできない、といった記述を発見。
違うやり方もあるようだが、自分が入手した情報の範疇では対応できず、結局USB接続はできないまま・・・
どうやら確認不足にて、根本的に時間もアプリ代(115円×2だが・・・)を無駄にしたようである・・・

と思ったら、ちょっと違った使い方があった。

Good

これらのネットストレージなどと連携し、そこからダウンロードが可能。
AirSharing同様、GoodReaderでもやっぱりうちでは直接Wi-Fiでのストレージ化ができないので、ちょっと面倒ではあるけども、DropBox経由であれば、そこからGoodReaderでiPod Touchに保存することができるようにななった。

さほど頻繁に使うわけでもないので、ま、これでよいか。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

無料ブログはココログ