2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« Atok Pad for iPoneに思う | トップページ | IS01を買ってみた! »

尖閣諸島の問題に思う政治家の資質

Twitterでぶつぶつ呟いていたけれど、ちょっとまとめて。

今回の尖閣諸島の問題は、もちろん、政府・与党の対応に問題があるのは確かだが、恐らく誰も中国の対応について、正当性があるとは思ってはいないだろう。

「歩きたばこを注意したら突然殴り掛かられて、慌ててこれで勘弁、とお金を差し出した」というようなものなのではないだろうか?
もっと落ち着いて対応しろよ、というところに政府としての対応の拙さや、政権を担当する資質に疑問を感じるのはたしかだが、本当に避難すべきは「歩きたばこ」の方である。

今の野党及びマスコミ報道、ネット上の書き込みなどは、「殴り掛かられたら上手くかわせ」と言っているだけ。これでは「歩きたばこ」そのものは黙認しているのと同じであり、つまりは中国に対し、「尖閣の領有権は主張し続けても問題ないもの」と思わせるに充分だ。

野党の人達も、やるべきは与党の非難ではなく、中国への抗議。内向きの対立は後回しにして、やるべきことをやってこそ、国民に支持されるのであって、口先ばかりで与党を非難し、ましてや那覇特捜を国会に呼ぶなんて事を検討してるなんて愚の骨頂。上手くかわせなかった責任の所在を明らかにして今更何になるというのか?

内向きの議論など後回しにして、とにかく中国に対し、違法な行為には断固として対抗し、日本としても相応の処置をとる旨の意思表示が必要だ。国内の足並みの乱れは、外から付け入る隙を拡大させるだけだということにいい加減気づいて欲しいものだ。
また、最終的には国連等を含め、国際的にシロクロ付けられる場で、と考えているのかもしれないが、本気で主張しない国を応援してくれる程、国際社会は甘くない。

経済的な話とか、政治的立場とか、そんなものに拘っていたら守れるものも守れなくなる。
小の虫を切り捨てて大の虫を生かすなんてことは小学生でできること。
どちらも大の虫かもしれないが、どちらも生かす手腕、あるいはより生かすべき方を選択する決断力、それらが必要とされている。

〈番外編〉
今回のことこそ、政治家個人の考え方が見え、国民に訴えかけられるツールとして、Twitterは有用なものかと思ったが、それほど活用されていないらしい。
先般の選挙でTwitter推進派だった人達も、その多くはだんまりを決め込むか、いつも通りの日常の呟き、あるいは揚げ足取りかつ不毛な政府非難だ。

140字で誤解を受けにくい主張をする事も困難だろうが、そもそもまっとうに意見を述べない状態ではどんなツールが存在しようが何の関係もない。

国民と直接意見の交換が出来るツールだというのならこんな時こそ活用すべきではないのだろうか?

« Atok Pad for iPoneに思う | トップページ | IS01を買ってみた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186628/49571272

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島の問題に思う政治家の資質:

« Atok Pad for iPoneに思う | トップページ | IS01を買ってみた! »

無料ブログはココログ