2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« スマートフォンの市況に思う | トップページ | IS01を買ってみた!(その4:Rmapsによる自転車載ナビ化-実装編) »

IS01を買ってみた!(その3:Rmapsによる自転車載ナビ化)

同様のことは過去にPSPiPod Touchでもやってきた。

GPSが使え、オフラインでの地図データも持っているとなれば、IS01でも当然のようにチャレンジしたくなる。
しかしながら形状が若干問題あり。
PSPはもともと車載用のホルダーを転用したものだし、iPod Touchもケースを転用(ちなみにこちらは後にほぼ同じコンセプトのものが売られているのを発見した)したもの。

IS01に関してはこの形状のものを固定するためのホルダーや開いたままで使用できるケース(近いのはDSのケースか?)などは見当たらない。

いろいろ考えた結果、使用したのは以下のもの達。
・100均で買ったポシェットみたいなもの(200円だったけど)
・おなじみミノウラ ボトルケージアタッチメント/QB-90 ブラック Y8821
・100均で買った結束バンド
・100均で買った滑り止めマット
・100均で買ったハトメ
・そこらへんに転がっていたゴム、紐、紐止め、プラスチックの何かのケース等々。

ボトルゲージのアタッチメント以外は100均か、家の中に転がっていたものです。

例によって製作途中の写真がないので加工については文章で・・・といっても写真で想像できてしまうかと。
滑り止めマットの下がプラスチック系の板で補強されている(ボトルゲージとのねじ止めが布だけだと心もとないので)とか、ハトメをつけたのはIS01を固定するために紐を通して引っ張れるようにするため、だとか、強固な固定のために結束バンドを多用してる(金属加工の技術を持たない自分としてはどこでも何でも縛って固定できる結束バンドは工作の際、重宝してます)とか、注意する点はその辺でしょうか。

Iss1

実際にIS01を入れてみたらこんな感じ。
紐による固定(写真には入ってなかったけど紐止めで絞れるようになってる)で、振り回してみても一応大丈夫。
すべり止めマットは、ボトルゲージとポーチを止めるネジがむき出しになると、下手すればカメラのレンズ部分を傷つけ兼ねないので、保護および少しでも保持力をあげるためにIS01の背中に当たる部分に敷いた状態。

Iss2

テストランは雨が上がってから。
おそらく月曜日の朝になるかと。多分これで大丈夫とは思うが、なにせIS01はストラップを通す穴がないので、いざというときの保障が何もないのが恐い。

« スマートフォンの市況に思う | トップページ | IS01を買ってみた!(その4:Rmapsによる自転車載ナビ化-実装編) »

Android」カテゴリの記事

コメント

落下防止程度ならヒンジ部分に(簡易版だけど)ストップ付けられますよ。
↓参考
www37.atwiki.jp/android_is01/pages/41.html#id_cf22fb4c

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186628/49695018

この記事へのトラックバック一覧です: IS01を買ってみた!(その3:Rmapsによる自転車載ナビ化):

« スマートフォンの市況に思う | トップページ | IS01を買ってみた!(その4:Rmapsによる自転車載ナビ化-実装編) »

無料ブログはココログ