2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« IS01を買ってみた!(その2:Rmapsによるオフラインナビ化) | トップページ | IS01を買ってみた!(その3:Rmapsによる自転車載ナビ化) »

スマートフォンの市況に思う

先日からプチプチ呟いているが、スマートフォンIS01を手に入れた。
単にAndroid端末を触ってみたい興味からのことであるが、それなりに環境を整えていくと使い勝手も良くなっていくし、愛着も湧いてくる。
ここ半年ほどiPod Touch+Pocket Wi-Fiで、思いの外快適なモバイル環境を満喫し、iOSは秀逸だ!と思っていたが、以外とAndroidでも似たり寄ったりなことがわかった。

何より併用の障害を取り除いてくれるのがWindowsとLinuxの併用と同様に、クラウドコンピューティングによる各種サービスだ。

主はEvernoteとGMail、Twitter 、DropBoxやquanpといったストレージサービス等々。

その他のアプリも使い勝手等は様々だし、出来る事に大きな差はない。だとすれば後はデータの共有さえ出来てしまえば何も困りはしないということ。
(もちろん、ゲームアプリなどはOSに対応しているかどうかで差はでるが、電子手帳やWeb端末として)

実際この原稿はiPod Touchのメモ帳で書きはじめて、Evernote で共有、IS01 のEvernote アプリの中でも編集している。そしてLinuxPCで仕上げの最中である。
今後普及してくるであろうwebOSやWindowsPhone等もおそらく同じことだろう。

(話は突然かわるが)ガンダムAという雑誌で、ゲルググとギャンの開発競争に関する小説があった。
現実の社会に置き直せば、ロッキードとグラマンが米空軍戦闘機の正式採用を競っている、というそんなイメージ。
そのゲルググの技術者が国力をあげて連邦に対しなければならないのに、何を小さな争いをしているのか、と嘆く場面があった。

ユーザーとしては同じ事が出来る端末なのに、各メーカーは特許侵害の訴訟合戦なのだそうだ。
無論、各企業、自社の利益を確保したり、主導権を握ったりしたいのは分かるが、そのためにこの機種ではこの機能が使えない・・・等となると非常につまらない。

国力を上げて、というか、世界的な協力が得られれば、コンテンツも共有しやすく、利便性の高いハードや規格ができるのに・・・
各端末のいいとこ取りをしたいユーザーはとしてはそう思わずにはいられない。

« IS01を買ってみた!(その2:Rmapsによるオフラインナビ化) | トップページ | IS01を買ってみた!(その3:Rmapsによる自転車載ナビ化) »

Android」カテゴリの記事

iOS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186628/49688546

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンの市況に思う:

« IS01を買ってみた!(その2:Rmapsによるオフラインナビ化) | トップページ | IS01を買ってみた!(その3:Rmapsによる自転車載ナビ化) »

無料ブログはココログ