2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 東京→札幌 船旅の記録 その1 | トップページ | 「パンプキン! 模擬原爆の夏」を読んで »

東京→札幌 船旅の記録 その2

陸路 東京駅から大洗駅まで

東京駅から水戸駅までの高速バス

バスは予約制ではないので、東京駅の八重洲南口きっぷうりばで当日切符を購入するのだが、初めて使う自分としてはそもそもの込み具合の予測が全く出来ないし、さらに夏休みだけどお盆明けの平日8月17日という日程が混みやすいのかどうかもわからず・・・
初めて行くところだし、暑いからバタバタしたくもないし、知らないところをふらつくのは好きなので、時間が余ったらそれはそれでいいや! ということで、12:30発のバスに乗ることにした。(結果的には2:00頃のバスでも充分間に合ったはず)

ちなみにチケットは券売機で当日券を買うだけなので、有人の窓口に並ぶこともなく、あっさり購入し、12:10頃にバス乗り場に到着。
並んでいたのは10人程度、実際乗ったのものおおよそ半数だったから20人程度。
やっぱり夏休み中とはいえ、ちょっと利用客が落ち着く時期だったのかもしれない。
水戸駅まで乗っていたのはホンの数人でした。

補足。
・バスの中にはトイレもあるので安心。
・午後の便では進行方向左側の席が良さそう。太陽は概ね右側から照らしてくる感じ。

水戸駅から大洗駅

水戸駅を利用したのは今回が初めて。
なんと駅ビルにヤマダ電機とビックカメラが入っているという羨ましい所である。

大洗鹿島線(鹿島のサッカースタジアムを通り終点鹿島神宮)で水戸から3つ目の大洗港。
鹿島の試合がある日だったがキックオフまでまだまだ時間がある状態だったので空いていた。試合の日はどのくらい混むことになるのか不明だが、大荷物抱えて行く人は、試合の予定を確認の上、時間をずらして行くほうが良いのかもしれない。

ちなみに。地方の田舎出身の自分としてはなんとも懐かしい感じがする路線。
久しぶりにSuicaが使えない所に来た気がするし、ディーゼル機関で動く車両、整理券・運賃箱があるワンマンカー。いやいや懐かしくて何だか楽しくなってくる感じ。
所要時間はおおよそ15分程度で大洗駅に到着。直前の駅までは、無人駅なのか運転手さんが切符を回収していたので、渡そうとすると「改札がありますので」とのことでした。

ここまでの移動時間おおよそ2時間。
まだまだ先は長い。

←東京→札幌 船旅の記録 その1 東京→札幌 船旅の記録 その3→

« 東京→札幌 船旅の記録 その1 | トップページ | 「パンプキン! 模擬原爆の夏」を読んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186628/52578013

この記事へのトラックバック一覧です: 東京→札幌 船旅の記録 その2:

« 東京→札幌 船旅の記録 その1 | トップページ | 「パンプキン! 模擬原爆の夏」を読んで »

無料ブログはココログ