2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

「パンプキン! 模擬原爆の夏」を読んで

パンプキン爆弾という、原爆の投下演習するための爆弾があったらしい。
自分は長崎出身のため、小学校の夏休みは8月9日が登校日で、原爆に関する話を聞かされたものだったが、パンプキン爆弾の話は初耳だった。
世界初の事柄に対し、予行演習は付き物ではあるが、日本各地にパンプキン爆弾を落とし、データを取っていたとは、今更ながらに驚きである。

本書は同じように「そんなことがあったのか」と驚いた少女ががパンプキン爆弾について調べていくうちに、「原爆とは?」「戦争とは?」と考えていく話。
あくまで児童文学ではあるが、大人が読んでも充分に考えさせられるものがある。

今の世の中、知らされない事、知らなくても良い事、知らないふりをしても過ごせてしまう事、そんな事柄が溢れている。
登場人物の少年の台詞。
「知らないのはこわいことだよ。だれかの言っていることが事実とちがっていても、そうなのかなあって信じてしまう。ぼくはそれがいやなんだ」

パンプキン爆弾の存在という「歴史の裏側」的な事実。
いつの時代にも存在するであろう、為政者や権力者にとっての不都合な真実。
「知る権利」を振りかざすだけでなく、「知る努力」をしなければならないのかもしれない。

パンプキン!-模擬原爆の夏-令丈-ヒロ子

東京→札幌 船旅の記録 その2

陸路 東京駅から大洗駅まで

東京駅から水戸駅までの高速バス

バスは予約制ではないので、東京駅の八重洲南口きっぷうりばで当日切符を購入するのだが、初めて使う自分としてはそもそもの込み具合の予測が全く出来ないし、さらに夏休みだけどお盆明けの平日8月17日という日程が混みやすいのかどうかもわからず・・・
初めて行くところだし、暑いからバタバタしたくもないし、知らないところをふらつくのは好きなので、時間が余ったらそれはそれでいいや! ということで、12:30発のバスに乗ることにした。(結果的には2:00頃のバスでも充分間に合ったはず)

ちなみにチケットは券売機で当日券を買うだけなので、有人の窓口に並ぶこともなく、あっさり購入し、12:10頃にバス乗り場に到着。
並んでいたのは10人程度、実際乗ったのものおおよそ半数だったから20人程度。
やっぱり夏休み中とはいえ、ちょっと利用客が落ち着く時期だったのかもしれない。
水戸駅まで乗っていたのはホンの数人でした。

補足。
・バスの中にはトイレもあるので安心。
・午後の便では進行方向左側の席が良さそう。太陽は概ね右側から照らしてくる感じ。

水戸駅から大洗駅

水戸駅を利用したのは今回が初めて。
なんと駅ビルにヤマダ電機とビックカメラが入っているという羨ましい所である。

大洗鹿島線(鹿島のサッカースタジアムを通り終点鹿島神宮)で水戸から3つ目の大洗港。
鹿島の試合がある日だったがキックオフまでまだまだ時間がある状態だったので空いていた。試合の日はどのくらい混むことになるのか不明だが、大荷物抱えて行く人は、試合の予定を確認の上、時間をずらして行くほうが良いのかもしれない。

ちなみに。地方の田舎出身の自分としてはなんとも懐かしい感じがする路線。
久しぶりにSuicaが使えない所に来た気がするし、ディーゼル機関で動く車両、整理券・運賃箱があるワンマンカー。いやいや懐かしくて何だか楽しくなってくる感じ。
所要時間はおおよそ15分程度で大洗駅に到着。直前の駅までは、無人駅なのか運転手さんが切符を回収していたので、渡そうとすると「改札がありますので」とのことでした。

ここまでの移動時間おおよそ2時間。
まだまだ先は長い。

←東京→札幌 船旅の記録 その1 東京→札幌 船旅の記録 その3→

東京→札幌 船旅の記録 その1

旅程

今年の夏休み、既に実家に帰省中の妻と子供達を追いかけて、札幌まで一人旅をする事になった。どうせなら、子供達がいるとやり難い事をしてみようと船での旅程を考えてみた。
基本となるのは商船三井フェリーの大洗→苫小牧のさんふらわあ号。
自宅からの旅程はというとおおよそ以下のとおり。

(※1)バスも走っていて5分・100円。でも本数は多くない。
(※2)期間等で変動あり。実際に乗った8/17は定価14,000円、インターネット割引で上記価格。

時間については、移動だけのおおよその時間なので、待ち時間を含めると丸一日を超える。
金額については実はバスとフェリーのパックがあることを後から知った。それを使えばもっとお得になったことは妻には内緒である・・・でもこのブログの存在は知られている(^^ゞ
いずれにしろ、早期予約などをすれば飛行機と大差ないか、むしろ安く行けたりもする。
車・バイク・自転車等で移動できるというフェリーの利点が必要ないのであれば、余程の物好き以外、敢えてこのルートを使う必要はないと思われる・・・
ということで、今後あらわれるかもしれない同類の物好きな人のための参考になればと、今回の旅の詳細を数回に分けて紹介していきたいと思う。
途中でくじけるかもしれないけど・・・

移動区間 運賃 運行会社 時間
・自宅→東京駅
・東京駅→水戸駅 2,080円 JRバス等 1時間50分
・水戸駅→大洗駅 310円 鹿島臨海鉄道 15分
・大洗駅→大洗港 (※1)徒歩 20分
・大洗港→苫小牧港 (※2)13,300円 商船三井フェリー 19時間
・苫小牧港→札幌 1,270円 北海道中央バス 1時間45分
合計 16,960円 23時間10分

東京→札幌 船旅の記録 その2→

iPad2購入しました テスト2

iPad2購入ということで、もう一回テスト。
iOS用のアプリとしてはiPhone向けのみ。使えない、というわけではないが、やはり使い勝手は悪く、Safariを利用しての投稿と一長一短。
ATOKPadに対応しているのはありがたいのだけど。

くどいようだが、ATOKPadとともに、iPadへの対応をお願いしたいところである。
1314007319853.jpg

写真と本文はなんの関係も有りません。
写真投稿のテストも兼ねてます。

iPad2を購入しました!

と、いうことでとりあえず、そのiPad2からブログのアップロードができるのかのテスト。
今さらiPad2のレビューなどしてみても仕方が無い気もするけども、自分なりの視点で書いてみようと思う・・・といいつつそれはまた後の機会に改めて。

今回はあくまでテストが目的。
アップロードはできそうだけど、ファイルの添付が出来ないので、写真の追加とかはちょっと・・・
あれ、そう言えばiPadアプリがあったんだっけ?
後で確認してみよう。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

無料ブログはココログ