2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 「自炊」代行への質問状に思う事 | トップページ | Picasa 写真利用テスト »

「自炊」代行への質問状に思う事 その2

「自炊」代行への質問状に思う事』と題したブログを書いた途端、件の質問状を全文公開しているサイトが見つかった。

・・・はっきり言って、呆れた。
「使用する者が複製することができる」という一文のみに根拠をおいた、実質的には自分の本の価値は中身ではなく、物理的に紙を束ねた本というものにある、と言わんばかりの主張としか受け取れない。

データ化された本の中身を有料で閲覧させている、というのなら「貴社の事業及びその利用をいずれも許諾しておらず・・・云々」といった主張もわからなくないが、スキャン代行業者はあくまでスキャニングというサービスを行っているだけで、コンテンツ・情報は何ら利用していない。

この質問状の趣旨から言えば、「この辞典を枕として有料で貸し出します!」とか「好きなページを破って、紙ヒコーキ大会をやりましょう! 1ページ10円です!」とかやるにも、著作権者の許可が必要、ということだ。
出版社はともかく、著者はそれで満足なのか?

データを流布することに反対するのはわかる。
しかし、前のブログでも書いたようにそれは利用者の問題であって、業者の問題ではない。

かつてWinnyが著作権違反を幇助している、と問題となった。
それはWinnyあるいはそれに類するファイル共有ソフトがなければ起こり得なかったことだから、相応に意味はあるものと思った。

しかし、本件はそれとは違う。
自炊して書籍をデータ化することは個人でも可能だ。
むしろ、海賊版を流布し、何らかの利益を得ている人の方が、その利益を得るための投資として割りきって、自前で自炊の環境を整えるのではないだろうか?

マスメディアの一端をになう人たちが、ここで自炊業者を締め上げることが、自らの利益を守ることに繋がると考えているとしたら・・・甚だ呆れるばかりである。

« 「自炊」代行への質問状に思う事 | トップページ | Picasa 写真利用テスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186628/52665262

この記事へのトラックバック一覧です: 「自炊」代行への質問状に思う事 その2:

» ハウスクリーニング全般 Witch House ウィッチハウス [Witch House ウィッチハウス]
お掃除、お部屋のコーディネート、KEA家具のご相談、各種ご依頼、お見積りなど、お問い合わせはお気軽にどうぞ! [続きを読む]

« 「自炊」代行への質問状に思う事 | トップページ | Picasa 写真利用テスト »

無料ブログはココログ