2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« レインボーブリッジを歩く | トップページ | Android4.0をネットブックに入れてみた! その2 »

Android4.0をEeePCに入れてみた!

たまたまとある雑誌を見ていて、PC用のAndroidディストリビューション(こういう言い方があっているのかわからないが、もともとLinuxベースだし、まぁいいでしょ?)があることを知った。
で、うちにはほとんど使われていないネットブックがあるわけだし、チャレンジしてみない理由もないだろう、ということで早速ゲット。

ゲット元のサイトはこちら。
Android-x86 Project
 各バージョンのISOイメージをダウンロードする。

で、ライブUSBを作るためのフリーソフトがこちら。
Linux Live USB Creator
 この場合、用意するものはUSBメモリ。容量はCD一枚分あれば充分。

あるいはISOイメージをCD-Rに焼いてもOK。こんなフリーソフトもあり。
CDBurnerXP

そしてライブUSBやライブCDで起動して、出てくるメニューの一番上を選べば、インストールしないでお試し起動、一番下を選べばインストールとなる。


本当はもうちょっと知識があれば、ちゃんとWindows環境を残しながらデュアルブート、といったこともできるのだろうが、他のLinuxディストリビューションとは異なり、インストールドライブを選んだりできなかったので、このやり方は 潰してもいいPCを持っている人向け、ということ。
デュアルブートや仮想マシンでやりたい場合は "Android" '"x86" "日本語"とかでグーグル先生に聞いてみるといろいろ教えてくれると思う・・・と、他人任せですいません。

でも、本当に古いPCを持っていて気軽なネット閲覧やSNS用にタブレットを買おうかどうか迷っている人はやってみる価値はあるかもしれない。
自分がインストールしたのは、EeePC 901-X。数年前のネットブックブームの初期のもの。スペックは推して知るべし(SSDは容量アップしてあるけど、この場合は関係無い。デフォルトの4GBもあればとりあえずは充分でしょ)。
それでも起動まで30秒。アプリもサクサク動く。

だだし!
もちろんいいことばかりではない。
詳しくは続きに書くことになるが、タッチパネルを前提としたアプリが動かないのはもちろん、それ以外にも動かないものもたくさんありそうだ。

ここまで読んで、勢い余ってWindowsを潰して、やりたかった事ができない!と言われても責任はとれませんので悪しからず。

ちなみにこの記事はAndroidPCで"ココろいど"というアプリで作成しました。

andp.jpg



« レインボーブリッジを歩く | トップページ | Android4.0をネットブックに入れてみた! その2 »

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レインボーブリッジを歩く | トップページ | Android4.0をネットブックに入れてみた! その2 »

無料ブログはココログ