2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

au 通常SIM → MicroSIM交換奮闘記

これまで使用していたのはXperia(IS12S)。

やっぱりテザリングできる機器が欲しいなぁ、ということで、子供の学割に乗じてARROWS(ISW13F)を入手。

 

ARROWSは最低限の契約かつ学割で、ユニバーサルサービス料3円のみ(当初2ヶ月はいくつかのオプションが入っているが)にして、実際にはXperiaのSIMを転用しようという目論見で、両機種ともSIMロックがかかっていない機種だから、単純に差し替えればOK・・・という訳にはいかなかった。

 

それは、ARROWSがMicroSIMだったから。

 

本来の目的を果たそうとすれば、お店に持ち込んで、機種変をすれば良いのだけど、Xpreiaは毎月割が適用外になるのは困るし、ARROWSは0円&キャッシュバックのためにしばらく契約をそのままで維持しなければならないし・・・

正規の手続きをとるわけにはいかない(・・・実はこれが誤解だったことは後に判明。詳細は後述)

 

ということで、とった手段はSIMカット。

さすがに手でやるのは怖かったので、SIMカッター(Made in China)を入手・・・してみたものの、SIMカードのプラスチック部分とチップ部分の位置が中国の一般的なものと異なるのか、それともただの不良品なのか、そのままカットすると、明らかにチップを切断してしまいそう・・・というか間違いなくそうなる。(SIMカッターを購入しようとお考えの皆さん、こういうこともあり得るということは想定しておいてください)

 

で、結局はニッパー&ヤスリで手作業でカット。本物のMicroSIMをマスキングテープで重ねて固定して(趣味のプラモデル作りのおかげで、それらのツールには事欠かず)作業を行ったので、形的にほぼ同一。なかなか、うまくできたと自画自賛しながらARROWSにセットしてみたところ・・・「SIMが

ありません」といった旨のメッセージ。我が目を疑いつつ、何度電源のオンオフ、SIMのセットしなおしをしても同じ事。

やっちまったか・・・と同様しつつ、アダプタにはめて、Xperiaにセットしてみる。

・・・同じく「SIMがありません」の旨のメッセージ。

さらにその同様からか、Xperiaから取り出そうとした際自作MicroSIMだけがアダプタから外れてポロリ・・・

決してやってはいけない、空のアダプタだけをセットした状態になってしまった(正確には途中まで抜き掛けだが)。

・・・で、案の定、なにやら基盤の一部?に引っかかり、慌てて抜こうし、アダプタが破損、かけらがスマホの中に残る・・・という絵に書いたような最悪の状態に・・・

 

ここまで来ればもう、auショップに泣きながら駆け込むしか手立てがなく・・・

はあ・・・SIM交換と修理代(安心サポートには入ってるけど、間違いなく有償だろうし)、手数料等々に充てるはずだったキャッシュバックはこちらにまわすしかないか、と覚悟を決めてショップへ。

 

<ショップでの対応や教えてもらったこと>

・ニッパーで切ってしまったSIMは、「本来なら有償なんですけどね・・・」と言いつつ、「今回は故障ということで処理しておきます」と無料で交換してくれた。

 

・「XperiaのSIMトレーって外れるんですよ」と教えてくれたので、ちょっと引っかかりを感じながらも、もう故障は覚悟の上だし、思い切って引っ張って外してみる。と、一緒に中にはいっていたアダプタのかけらもポロリ。

交換してくれたSIMを差し込んでみると、無事に起動。通信・通話もOK!

どこか傷つけたりした部分があるかもしれないけど、とりあえず動いたので、修理には出さないことに。(もともとARROWSに乗り換えるつもりだったわけだし)

 

「持ち込みによる機種変はフラットを続ける限り、毎月割なども継続になりますよ。あ、安心サポートだけは解約になりますけど。」とのこと。毎月割の説明文には「機種変した場合は適用外になる」旨書かれていたと思うが、それは持ち込みではなく買い増し?での機種変のことらしい。

 

・正規に手続きをとると、もともとのXperiaのSIMがARROWSと紐付くことになる(実際には両機種ともSIMフリーなので差し替えて使うことは可能だが、契約上の話)。だとすればもともとのARROWSのSIMはどうなるかというと、「安心サポートも含めて、オプション等も解除しない限り、契約はすべてそのままです。ただ紐付く本体がないだけで」とのこと。つまりはキャッシュバック等の条件もクリアできる、ということ。

 

<結論>

さんざん一人で大騒ぎしていたわりには、はじめからショップに行っていれば、SIMの載せ替え手数料2,100円だけで、すべて丸く収まっていた、ということ。

SIMカッターも安くても1,000円前後。ドキドキしながら、失敗や故障のリスクを抱えてやるよりは、素直に手続きした方が良さそうです。

わけのわからないおっさんのオイタに1時間くらいつきあってくれたショップのおねーさん、ありがとうございました。

 

ちなみにAcrossのSIMは近いうちにガラケーに載せ替えて、子供用のケータイになる予定です。

こちらも持ち込み機種変ということで、学割は継続できることを確認済み。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

無料ブログはココログ