2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

iPhone5sをゲットしました・・・不本意ながら。

Img_00262

iPhone5sをゲットしました。
タイトルにもあるように不本意ながら。

と、言うと「なにが不本意なの?」と問われてしまうのだが・・・

猫も杓子もiPhoneであることや、Appleの姿勢から使い方まで指示されているような気がすること、基本的に国内メーカーのものを使いたいこと(質とかではなく、日本企業に頑張ってほしいから)、マスメディアのiPhoneびいきが目に余ること等々あって、iPhoneは使わない、と思っていたわけです。

ところが、今使用しているISW13Fがあまりにバッテリの浪費が激しく、あまりに動きが悪いため、いい加減投げ出したくなって・・・
経済的側面そのたもろもろから選択肢がこれしかなかったわけです。

製品としては毛嫌いするものでもないのだけども・・・でも、不本意だ!

MacbookAir、リカバリ領域削除しても大丈夫!?

いろいろ理由はあるのだが、勢い余ってMacBookAirのリカバリ領域を消してしまった!

もともと同じドライブにある以上、ハード的なトラブルには意味がないよな・・・と思っていたところではあったが、それでも保険を一つ失ったようなもの・・・と思っていたら、実は大したことはなかったらしい。

多少時間がかかることを我慢すれば、今のMacOSはWi-fi経由でダウンロード・インストールが可能なのである。

オンボードSSDのMacBookAirでは無理だが、仮にHDDを換装した場合でも、まっさらなHDDにWi-fi経由でOSがインストールできてしまう。

これはすごい。今や大事なデータはクラウドにもバックアップをおける時代。

多少セッティングの手間があったとしても、トラブった場合には安心してクリーンインストールができる。

さらには、内蔵ドライブが逝かれた場合、外付けドライブにもインストールができるときたもんだ。

ちなみにアキバで700円くらいで買ってきた叩き売りの16GBのUSBメモリにOSをインストールしてみた。

インストールは無事完了・・・したものの、激遅で使い物にならず。

やるならばUSB3.0対応の機器を使用したほうが良いかもしれない。

ちなみに復元機能の説明はこちら

Screeshot0

MacBookAirはSSDの容量は大きくない。いっそのこと思い切って消してしまう、というのもありかと。

パーティションのマージで参考にさせていただいたのはこちら

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

無料ブログはココログ