2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 鬼怒川温泉に行ってきた(その1) | トップページ | iPhone6のBluetooth »

勝手に感じるヤマダ電機の終焉

タイトル通り、自分が身の回りで勝手に感じているだけなのだが・・・
最近、近所に大きめのヤマダ電機が開店した。
電気屋さんは大好きなので、ワクワクしながら行ってみたのだが・・・

ものがない!

・・・というのは言葉がおかしいが、広いわりに品揃えが悪い。

陳列棚は腰ぐらいの高さまでしかなく、店内端から端まで見渡せる。
広々として店舗としては良い感じなのだが、如何せん・・・ものがない!

店内で聞こえてきた他のお客さん達の言葉。

曰く、携帯電話では話していた人。
「今新しいヤマダ電機に来てるんだけど・・・広いだけで何もないんだよねぇ・・・」

とあるおじさんと店員さんの会話。
客「え、***あつかってないの?」
店員「ええ、店舗では売れ筋のものしか扱わないんですよね・・・」

ネット販売全盛の今、実店舗に来るお客というのは・・・
 ・ネット販売が使えない or 敢えて使わない
・実物が見たい
・今すぐ必要
・・・といったところではないか?

いずれにしても「売れ筋しか置いていない」というのは、顧客の要望には
応えられないと思うのだがどうだろう?

実はもともと近所にヤマダ電機があったのだが、そこはYamadaMobileになった。
(ご近所さんがいたら住んでいるところがバレる?)
流石に携帯電話専門店だけあって、アクセサリ類は相応の品揃えではあるが、
ケースの手触りなど、実物で確認できるようにはなっていない。
これでは実店舗である意味はほとんど無い。
事実、土曜日の昼間に行ってみても客の数は片手で足りるか、足りないか程度。

薄利多売なイメージ(実際にはメーカー泣かせだったのかもしれないが)で、
正直、店員の知識・サービス等では「流石プロ!」と思わされた事の無いヤマダ電機が
店舗の見栄え重視で売れ筋だけ置いておく、となってしまっては町の電気屋さんにも及ばない。

地元にできたからには栄えて欲しいので、早めの路線変更を検討いただきたいものである。
でなければ、そう遠くないうちに終焉を迎えそうな気がするのである。

« 鬼怒川温泉に行ってきた(その1) | トップページ | iPhone6のBluetooth »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186628/60657442

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に感じるヤマダ電機の終焉:

« 鬼怒川温泉に行ってきた(その1) | トップページ | iPhone6のBluetooth »

無料ブログはココログ