2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

iOS

nasneがうちにやってきた(その2)

【iPhoneで視るために】

iPhoneで視るためには対応したアプリが必要。
いろいろな人のブログ等をみてみると「Twonky Beam」なるものが紹介されていた。
アプリそのものは無料だが、nasneからお出かけ転送して視るにはアプリ内課金(自分が買ったときは700円)が必要。
全く問題なく再生・・・してくれることもあるのだが、再生した位置を記憶してくれなかったり、いきなり落ちたり、ということも発生。安定性に難あり。

で、他にないものかと探していたら「TV SideView」というSONY製のアプリがあった。
純正品?があるのなら、マニュアル等にちゃんと書いとけ!と思いつつ、ダウンロード。こちらも同様にお出かけ転送にはアプリ内課金500円が必要。

予約等もアプリ内から可能だし、安定性もアップ。
(ちなみに「Twonky Beam」から予約はできないのでCHAN-TORUへの登録が必要。)

これで解決!と思いきや、いざ電車の中で再生しようとしてみると「デジタル出力接続中は再生できません」の文字が出て、ことば通り再生できず。
"?!"と思って調べてみると、なんとBluetoothへの音声出力がデジタルだからダメ!ということらしい。 つまりBluetoothヘッドフォンでは使えない、ということ。

・・・この著作権に関する過保護は何とかして欲しい。
ほとんどの人はBluetoothに音声を出力したところでなんら悪用しないって!!
というか悪用する人はデジタルだろうがアナログだろうが関係ないって!!
結局普通に使っている人の利便性だけ犠牲にして、著作権を守ることには繋がっていないと思われるの愚策。
むしろ「こんな制約だらけでやってられるか!」と健全なユーザーこそが離れていきかねないと思うのだがどうだろう?

・・・話が横道に逸れた。
ちなみに「Twonky Beam」ではBluetoothヘッドフォンも使用可。
でも前述の通り、操作性・安定性に難あり。
どちらを使うか悩ましいところである。

ということで。 どなたか有線で、Siriに対応したマイク・リモコンがついていて、U型で、カナルタイプのイヤホンをご存じないでしょうか?

<nasneがうちにやってきた(その1)

nasneがうちにやってきた(その1)

【導入編】
通勤途中に録画したTVをiPhoneで見たい、ということでいろいろ検討してみた。
今うちで使用しているBDレコーダーはSONYのかなり初期型。
本当はそちらの買い換えが理想的なのだが、うちでは壊れていないものを買い換える、というのがあまり認められないのと、予算の都合で却下。
結果、一番コストパフォーマンスが良さそうなnasneを購入。
Playstationは持っていないので、Macを利用してセッティング等を行った。

最近ではこの手のものは、ブログ等で先達ユーザーが事細かに解説してくれていることも多く、マニュアル読むよりそちらの方がわかりやすかったりするので、ついついそういったものを探してしまうのだが、難点は最新情報かどうか分からない、というもの。
nasneは意外とマメに機能追加・バージョンアップを繰り返しているらしく、できない、と書かれていた事ができるようになっていたりもするのと、意外と(失礼?)SONYのマニュアルもわかりやすいので、とりあえずはマニュアル通りにやってみて、問題が起きたら、先達の知恵を借りてみる、というやりかたで問題ないかと。
ということで、ここでは基本設定には触れないことにする。
決して面倒くさがっている訳では・・・ちょっとあるかも(^^ゞ
ちなみに公式マニュアルはこちら → http://manuals.playstation.net/document/jp/nasne/

とりあえず、自分がnasneを買ってやりたかったことは以下の通りで、2014年12月現在問題なくできていることは○、マニュアルその他ではできるはずなのだができていないことは△、できない(らしい)ことは×を付けてみた。

・iPhone(自分が使用しているのはiPhone6/iOS8.1.2)へのお出かけ転送 ○
・iPhoneでの外出先から(基本的に4Gで)のストリーミング再生 ○
・iPhoneからの録画予約(wi-fi/4G) ○
・Macbookでの再生 ×
・Windowsでの再生 ○(ただし有料ソフトが必要なのでお試し版しかつかってない)
・ブラビアKDL-32J1での再生 ○(ただしDRのみ。詳しくは後日追記)
・著作権保護がない、その他動画の保存→ブラビアで再生 △
・ブラビアおよびBDレコーダーのリモコン操作 △

詳細については後日追記・・・というか新しい記事を書いていく予定。

>nasneがうちにやってきた(その2)

au OnlineShopで機種変更してみた!


auのオンラインショップを利用して子供のガラケーをiPhoneにした。
3Gから4Gだし、通常のSIMからnanoSIMでもある。
本体と一緒にあたらしいSIMが送られてきて、Webもしくは電話で切替の指示をしたら、旧SIMは使えなくなり、新しいものをiPhoneに挿して使用する、ということらしいのだが・・・
すぐにできなかった場合、どのくらい待ってくれるのだろう? ということで聞いてみた。

まずはauのサポートにメールで確認。
返信は、商品が届いてから10日間を過ぎても切替が実施されない場合は自動的に切り替わる、というもの。

上記の回答がすぐには来なかったので、その間にauショップで聞いてみた。
「特にきまりはありません。月を跨いでも大丈夫です」とのこと。

届いたiPhoneに同封されていた書類。
商品が届いて10日間くらいで自動的に切り替えることもある、という記載。
サポートからのメールに近いが、なんだか曖昧。

ちゃんと子供と使い方を協議してから、と思っていたので、しばらくやっていなかったらauのOnlineShopからメールが届いた。
メールが届いた当日までに切替処理をしないと各種アフターサービスが受けられなくなる場合がある、とのこと。

ちなみに申込みをした(購入予約ではなく、正式な購入手続き)のが14日。
iPhoneが届いたのが17日(だったと思う)。
ただ、届いた納品書に記載されている「販売日」は18日。

で、今日中にやってくれ、というメールが届いたのは23日。
申込日から10日間、といったところか。

あまりに内容がマチマチなので、auのサポートに電話で聞いてみた。
結果、「こちらから強制的に切り替えることはありません。概ね10日くらいで切り替えていただけるのであればそれで結構です」とのこと。

うーん・・・
まあ、普通は新しい機種が届いたらすぐに、あるいは諸設定の面倒さを考えても、週末挟めば手続きをやるんだろうし、念のため10日間という縛りがあるように見せておけばそこまで滞らないだろう・・・ということなのかもしれないが、それはそれで紛らわしいので表記・回答を統一しておいて欲しいものである。

実はまだ手続きをしていない。
これでiPhone到着日から10日間で強制的に変わったりしたら・・・どうしてくれよう?

iPhone6のBluetooth

故あってiPhone5SからiPhone6に乗り換えた。

違いについては、公式・非公式に関わらずいろいろ述べられているので細々と触れないが、自分が感じたのはBluetooth関連。

通勤時、カバンを放しても落ちないくらいの超満員電車でBluetoothのヘッドセットを使い、音楽やPodcastを聴いている。
あまりに電車が込んでくると、人の体や持ち物に阻まれるのか、同じような電波が干渉しあうのか、音がブツブツ途切れる事が5Sでは結構頻繁に起きていた。
あと何故か信号待ちの交差点でも同様。

それが6になると明らかに頻度が落ちている。ヘッドセットは同じもの。

Bluetooth周りが強化されたのか、たまたま自分のヘッドセットとの相性がよくなったのかは不明だが、いずれにせよ、自分としては思わぬ改善点であった。

iPhoneで自転車ナビ




iPhone で自転車のナビをする、などと今さら当たり前すぎて紹介するまでもないのだけど・・・

初めて自転車ナビにしたのはPSP+GPSセンサー。
感度が悪く、これを頼りに出かけた先で、帰りにGPSを捕まえられなかったりして困った事などもあり・・・

iPhoneに限らず、Androidのスマホでも同じだけど、最近はそんな心配もなく、ササッと衛星を捕まえ、ナビも正確。
ルートを外れても、概ね的確な修正ルートを出してくれる。

自転車でフラフラするときには手放せないアイテムである。

ちなみに画面は「自転車NAVITIME」
Androidのスマートパスでは総てがコミコミになるのに、iPhoneでは別料金。
なんかひどくない?

iPhoneでテザリング。スピードテストをやってみた

遅ればせながらのiPhone5s購入なので、いまさら自分がブログに書くほどの事でも無い、とは思いつつ、やってみたのでせっかくだから書いておくことにしました。

iPhone5sのキャリアはau。
計測に利用したのはUSENのスピードテストサイトです。

iPhone5sでのテザリングはUSB有線・Wi-Fi・Bluetoothの3パターン。
それぞれの結果は以下のとおりとなりました。

・USB有線:9.462Mbps
・Wi-Fi:8.552Mbps
・Bluetooth:1.015Mbps

・・・Bluetoothって結構遅い。
順番として上記のようになるのは解ってはいたものの、ここまで差があるとは。

とはいえ、別にネットで動画を頻繁に見る趣味があるわけでもなく、通常のサイトの接続程度には問題ないスピード。
iPhone5s、MacBookともども、消費電力が少なく済むのなら、それにこしたことはない。
iPhoneの購入により、まさしくおサイフケータイと化したAndroidスマホからの操作だけでもテザリングを使えるので、いざチャージしたいときにやりやすいし。

前に書いたように、自分にとってiPhone購入は不本意である。
・・・でもそれなりに楽しんでいる。ま、機械好きの性分だから、それはそれで仕方ないということで。

<追記>
テザリング方法の違いについてはちゃんとauのホームページに書いてありました。

iPhone5sをゲットしました・・・不本意ながら。

Img_00262

iPhone5sをゲットしました。
タイトルにもあるように不本意ながら。

と、言うと「なにが不本意なの?」と問われてしまうのだが・・・

猫も杓子もiPhoneであることや、Appleの姿勢から使い方まで指示されているような気がすること、基本的に国内メーカーのものを使いたいこと(質とかではなく、日本企業に頑張ってほしいから)、マスメディアのiPhoneびいきが目に余ること等々あって、iPhoneは使わない、と思っていたわけです。

ところが、今使用しているISW13Fがあまりにバッテリの浪費が激しく、あまりに動きが悪いため、いい加減投げ出したくなって・・・
経済的側面そのたもろもろから選択肢がこれしかなかったわけです。

製品としては毛嫌いするものでもないのだけども・・・でも、不本意だ!

iPod Touch(第5世代)でUSBキーボードは使えるか?

故あってiPod Touch 5thを手に入れる事となった。
ま、手に入れたからには、いろいろ遊んでみようという事で・・・

まずはAndroid系で持っている資産を有効活用するために、ライトニング→MicroUSBの変換ケーブル・プラグをゲット。

Lusb

秋葉原に行って、上海問屋(左:499円)および千石電商(右:350円)で購入。

とりあえず、MicroUSBケーブルに繋いでみると、充電およびデータ転送は問題なし。

<USBキーボードは使えるか?>

Q&Aサイトなどでも時々見かけるのだけど、「Bluetoothにすればいいじゃん!」とか「有線のUSBキーボードを敢えて使う理由がわからない」とかで、実際使えるのかどうかよくわからない回答も多い。

試してみて、結論。
両方とも使えませんでした。
もっとも、純正ではないので・・・というところはありますが、データ転送などもできていることを考えると、やっぱり純正でも使えないんでしょうね。

<USBメモリ等は使えるか?>

えーと・・・そもそも、外部メモリを読む、ということを想定したアプリが手元になく・・・というかどうすれば読めるのかもよくわからず・・・多分使えないでしょう、という結論。

こういう所がiOS端末のちょっと面白くない所。
完成度が高い故に、あそびがない、という感じ。

一時期、iPod TouchとiPadを使っていたのだけど、今はスマホもタブレットもAndroid。
久しぶりにiPodに戻ってみたのだけど、やっぱり「Apple様が決めた通りに使いなさい!!」と言われているような感じがする・・・

iPad miniに見るアップルの落日・・・かな?

iPad miniが発売された。 たぶん、鳴り物入り・・・というものなのだと想うのだけど、個人的には正直がっかり。
iOSの流れで順当に進化しているのだろうが、iPad2を小さくした、という感が拭えないこの製品はアップルのイメージの「革新性」には程遠い。
7インチというサイズは確かに使いやすいし、需要はあると思うものの、他のメーカーが作ったフィールドへの後追い参入であることは確か。
アップルのイメージを損なうのに充分だと思うのだが、どうだろう?

iPod Touchからの投稿テスト

前にもやったような気もするけど、最近iPadを使いはじめて、iPod Touchも再稼働。
ということで再びテストをしてみました。

前に使ってた時よりは使いやすくなった感じ。

1321191101912.jpg

意味もなく画像なんかもつけてみる。

入力欄の最終行が見えにくくなるのは難だが、それなりに使えるか。

外でのブログ更新が簡単になる〜といっても更新頻度が上がるかどうかはわからないが。
Twitterでつぶやける程度で間に合っている、という話もあるので。

取り合えず、以上iPod Touchからのテストでした。

無料ブログはココログ